西の丘やすだ歯科クリニック お問い合わせ
診療方針 診療の流れ 予防歯科 診療内容 診療事例 医院紹介
インプラント 歯周病 歯を白くしたい 子供の歯
子供の歯
虫歯について
乳歯は全身の健康を左右する大事な器官です。乳歯は乳児期の健康なからだづくり、脳の発達に多大な影響を及ぼします。
また、一生使う永久歯を導くもので、これからのすこやかな人生のために、幼児期から正しい歯の知識と予防にとりくむ意識が必要です。私たちはご家庭ではできないケアを行い、みなさまの歯の一生をサポートしていきたいと思います。

虫歯の4大原因

こんなに汚れています
歯垢は歯の色に似ているため分かりにくい。どこに汚れがつきやすいか知るためにも染め出しが必要です。
染め出し前 染め出し後
1日何回食べたり飲んだりしていますか?
飲食の回数が多いと、歯が溶ける(=脱灰)時間が長くなります。
フッ素はむし歯予防に最も効果的!
フッ素は毎日低濃度で取り込むと、むし歯予防効果が高くなります。定期的に歯医者さんでフッ素塗布を実施するとさらに効果的です。(普段届かないところまですみずみと)
 
フォームタイプのフッ素はすばやく歯面全体に拡がり、また高濃度でも最低限の使用量ですみます。
小さいお子様にも安心です。
  むし歯になりやすい子もいます
RDテスト
虫歯の4大要因のひとつ、ムシ歯菌の量を調べるテストです。唾液を少量採取し、15分後に結果がでる簡単なテストです。テスト結果によって、フッ素塗布・定期検診の回数や乳歯に対するシーラントも検討します。
成人のかたも気軽に受けることができます。


永久歯が生えたら
シーラント(歯の溝の予防処置)か、衛生士によるクリーニングをおすすめします。


シーラント
臼歯の溝をフッ素入りの樹脂でコーティングして、バイ菌が入り込まないようにします。虫歯予防に高い効果が期待できます。当医院では、第一大臼歯(6歳臼歯)にシーラントをおすすめします。

6歳臼歯の溝は複雑で、虫歯になりやすい形態です。

溝の汚れを専用のブラシできれいに除去します。

溝を白い樹脂(フッ素入り)でコーティングしました。


正しいホームケアと定期的なプロケアを実施しましょう
衛生士による、専用の器具を使ったプロフェッショナル・ケアを定期的に実施しましょう。


TOPに戻る
インプラント歯周病歯を白くしたい | 子供の歯 |
西の丘やすだ歯科クリニック
福岡市西区西の丘2-2-12 TEL:(092)894−6480
Copyright (C) 2004 yasuda dental clinic. All Rights Reserved.