西の丘やすだ歯科クリニック お問い合わせ
診療方針 診療の流れ 予防歯科 診療内容 診療事例 医院紹介
インプラント 歯周病 歯を白くしたい 子供の歯
歯周病
歯周病とは
歯周病は、細菌による感染症です
一般に「歯槽膿漏」と呼ばれる歯周病は、歯の周りの骨が溶けてなくなり、歯が抜け落ちる病気です。
歯周病の直接の原因は、歯垢と歯垢が石灰化した歯石です。歯垢1mgには、数100万〜1億もの細菌が含まれ、歯ぐきに炎症
をもたらします。また症状が進むと、歯を支える骨を溶かす恐ろしい病気です。
痛みなどの自覚症状が少ないのも、歯周病を悪化させる要因のひとつです。
当医院では治療はもとより、再発の防止に努力いたします。


歯周病の進行状態
 

健康な歯周組織

健康な歯周組織の状態です。

歯肉炎

歯肉炎
歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ上がり、歯を磨いたりリンゴなどをかじると出血します。
軽度歯周炎 軽度歯周炎
軽度歯周炎
ポケット(歯肉と歯の間のすき間)が広くなり、こから出血したり膿が出て口臭を感じる場合があります。


重度歯周炎 重度歯周炎
重度歯周炎
歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまいます。歯根が露出し、歯のぐらつきがますますひどくなります。硬いものは食べられません。


歯周病の予防と治療
■軽度の歯周病の場合
前述の歯肉炎・軽度歯周炎の程度であれば、歯ぐきをきれいにし(歯石などを取る)、正しいブラッシングをすることで治すことが出来ます。また抗生物質等の薬を投与することもあります。
 
治療前 治療中 治療後
治療前   治療中   治療後

■中程度の歯周病の場合
前述の中等度歯周炎程度の歯周病でも歯石を取り除き、歯を一時的に固定してブラッシング、薬の投与で治すようにします。最初に悪くなった歯肉を切り取ってしまうこともあります。ただし、炎症がおさまっても、このころは歯を支えている歯槽骨というところが溶けだしていますので、ぐらつきが残ってしまうことがあります。そのような場合は、最終的な支えを取り付けて固定します。
 
治療前 治療中 治療後
治療前   治療中   治療後

■重度の歯周病の場合
前述の重度歯周炎の場合でも歯を抜かずに治す方法が考え出されています。例えば、歯ぐきを切り開いて人工の膜を入れ、溶けだしてしまった歯槽骨を再生する方法です。また、溶けて無くなってしまった歯槽骨の代わりにセラミック材を使って歯槽骨を再生しようといった方法もあります。どうしても抜かざるを得ない状態でもすべてをあきらめるのではなく、救える歯は残すようにしましょう。義歯を入れる際の支えになります。放っておくと総入れ歯になってしまいます。
 
治療前 治療中 治療後
治療前   治療中   治療後
当医院で実際に行った症例


TOPに戻る
インプラント | 歯周病 | 歯を白くしたい子供の歯
西の丘やすだ歯科クリニック
福岡市西区西の丘2-2-12 TEL:(092)894−6480
Copyright (C) 2004 yasuda dental clinic. All Rights Reserved.