西の丘やすだ歯科クリニック お問い合わせ
診療方針 診療の流れ 予防歯科 診療内容 診療事例 医院紹介
インプラント 歯周病 歯を白くしたい 子供の歯
インプラント
インプラントとは

治療方法
インプラントを埋入してその上に人工の歯をかぶせることで、機能面や審美面の回復を行います。
インプラント(Implant=植え付ける)は、歯根療法とも言われ、歯が抜けたところに歯の根っこにあたる部分を埋入し、その上に人工の歯(ブリッジやクラウン)をかぶせる治療方法です。
素材
体となじみの良いチタンを使用しております。
インプラントは、体の中で非常に安定した素材であるチタンでできており、骨とのなじみをさらによくするために表面処理が施されています。
チタンは人工関節など、さまざまな分野で使用され、生体親和性の高い材料として世界で認められています。
 
従来の治療との違い
自分の歯と同じようにかめるだけでなく、残っている歯にも負担が少ない治療方法です。
従来の治療法では、土台となる歯に負担がかかったり、入れ歯に違和感を感じたり、入れ歯が動いたりする場合があります。
また、歯が抜けたまま放っておくと抜けた部分の骨は年数が経つにつれて次第にやせていきます。
こうした問題を解決するのがインプラントです。
治療前   治療後
治療前 治療後


こんな方にお勧めします
1)歯が1本抜けた場合
2)奥歯が数本抜けた場合
3)歯が全部抜けた場合
   
従来の治療
両隣りの健康な歯を削ることなく、歯の抜けたところへインプラントを植え込み、人工の歯を取付けます。 入れ歯を固定する金具や床が不快に感じられたり、健康な歯に負担がかかる場合があります、 固定するものがないため、入れ歯が動いたりします。
 
   
従来の治療
両隣りの健康な歯を削ることなく、歯の抜けたところへインプラントを植え込み、人工の歯を取付けます。 入れ歯を固定する金具や床が不快に感じられたり、健康な歯に負担がかかる場合があります、 固定するものがないため、入れ歯が動いたりします。
 


インプラント治療の流れ
インプラント治療は以下のような4つのステップで行われます。
まず、治療方法等を詳しくご説明します。埋入手術の処置時間は約30分〜120分です。
その後、約3〜6ヶ月間、インプラントが周囲の骨となじむまで定期的に検診を行います。
そして、周囲の骨にしっかり固定されたのち、人工の歯をかぶせます。

診療と治療計画

まず、レントゲンなどによる十分な診断を行い、診療の計画についての説明を受けます。
インプラント手術

歯が抜けた所へインプラントを埋入した後、あごの骨にしっかりと固定されるまで、3〜6ヶ月待ちます。
人工の歯の取り付け

インプラントによるしっかりした土台ができたら、人工の歯を上にかぶせます。
完了

インプラント治療後は、アフターケアとして正しいブラッシングを行うとともに、半年に一回は定期検診を受けてください。


インプラントQ&A
Q インプラント治療に伴う痛みは?期間は? A 簡単な麻酔を行いますので、ほとんど痛みはありません。処置時間は、30分〜120分。治療期間は4〜12ヵ月かかります。いずれもインプラントの種類や治療内容によって異なります。

Q インプラント治療の費用はどの程度かかりますか? A 残念ですが、今のところ自由診療扱い(自費)となっています。なお、インプラントの本数・種類などによって費用は異なりますので、事前にご相談ください。

Q インプラント治療では誰でも受けられますか? A 心臓病や糖尿病などの持病がある人や、妊娠中の人等は受けられない場合があります。また、あごの骨の状態によっても受けられない場合があります。いずれも事前にご相談下さい。

Q インプラントはどのくらいもちますか? A インプラントそのものは歯ぐきとなじみが良く、腐食しにくいチタンという金属で出来ています。インプラントをできるだけ長持ちさせるためには、自分の歯と同じような手入れが必要です。ブラッシングはもちろん、歯肉の健康状態や正しい噛み合わせのチェックをするため、半年に1回は定期検診を受けて下さい。

その他、インプラントに関するご質問・ご相談などありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
当医院で実際に行った症例


TOPに戻る
| インプラント | 歯周病歯を白くしたい子供の歯
西の丘やすだ歯科クリニック
福岡市西区西の丘2-2-12 TEL:(092)894−6480
Copyright (C) 2004 yasuda dental clinic. All Rights Reserved.